Hello,Mr.Traveling Man

自分にとって世界でいちばん好きなエンターテイナー。の、自分のための忘備録。

ビジュアル解禁…!

5月病の心配までしてくれる心優しさ…!笑
待ちに待ってたビジュアル解禁、やっと百名さんのお顔が見れたー!と感激✨
🌼花🌼の金曜日に、ほんとに心潤うお花を添えてくださってありがとう!

日々日々削られていくHP、無意識に口をついて出る「ひろきに会いたい…😢」
5月病というよりひろき欠乏症に病んでいたので、茶屋の開店はまさしくぬちぐすいでした~😄💕
いまかいまかと関係者や公式ページをチェックするのが日課どころじゃない時課(そんな言葉あるのか)、分課、みたいな生活を送っていたので、監督のツイートにリアルタイムに!!!!!!となって、茶屋の開店を楽しみに仕事をしようと思っていた矢先、出勤時間がギリギリにぴょこんと現れたabemaくんに「ぎゃあああああ!!!」喜びの舞~♪を捧げる余裕なんて(時間的にも心的にも)なく、開店直後のお店にダーーーッシュ!(笑)

ほんと、狙ってるわけじゃないんだろうけど更新されるタイミングが毎度すごい。
更新にしろ、身内やお友達からの生存確認的酒飲みツイートが流れる日にしろ、自分が激重婆なことは百も承知の上だけどなんかすべてわかってくれてるかのようなタイミングで、そのくせいつも軽やかに、お茶目に清々しくスカッと爽快ファンタ!並みの後味の良さと刺激をくれるのほんと最高過ぎてずるーい!
なんていうか、受け取り手に気負わせない心遣いが出来るひろきはかっけえな大人だな素敵だなって思います。

以下、茶屋さんかわいいな💕てなったこと。

  • 相変わらずの言葉遊びがかわいい。

子供の日ということなので新しい情報が無邪気に更新できます!

なんなのこの無邪気を気取ります宣言(笑)
1日は始まりの日、もそうだったけど、そういう一つ一つに自分なりの意味を見出したり価値づけするタイプなんだなっていうのは、ヒロキくんを知ってから発見したことでした。
自分もそういうところがあるので、そのノリすごくわかる!てなんかニヤニヤしてしまった、初見時は。
(懐かしい就活時代、5文字で自分のことを表してくださいっていうESの課題にこういう自分の要素を「ときめき屋」と名付けて提出したことがあります、楽しみ上手!おひとり様上手!)
だがしかし、奇しくも翌6日はクリエB公演初日であったんだなあと、6日を迎えて初めて合点がいきまして、これは単なる言葉遊びじゃなかったのかなあとか勝手に思っちゃいました。

  • 語尾がスタッカートかわいい

ビジュアルが解禁されましたっ

これね。
されましたっ
最後におまけに♪飛ばしてもいい感じのやっほーい!感が溢れてて、こちらも思わず
「よっ!!待ってました!!」て合いの手入れた過ぎ。
”毎回楽しみですけど、今回は特に楽しみでした”
我々もだよ~😢毎回楽しみだけど今回は楽しみとかいう一言じゃ収まらない程待ちに待ってたよ~😢

  • ネイティブスラングに凝ってるの、まだまだ継続してるっぽいのかわいい。

英語の勉強してるーってここ1、2年ですか?ずっと言ってるけど、その中で「ていっても、使う機会もなさそうなネイティブの言い回しとかスラングを調べてるってだけなんだけど。面白いよ~」(記憶頼りなので細部曖昧)て言ってたのがらし過ぎてかわいいーってなってたんだけど、頭からぶっこんでたの笑った。
ちゃんと早朝ランニングも英単語(ということにしておくんだよね?)も頑張ってるもん、ていう意思表示かな?
なにかにつけ早起きとランニングと英単語は続いてるかな?頑張れって言いがちでごめん。

  • バージョンがある

ヒロキ(おさるさんver.)を見て
改めて気合いが入りました、燃えてきました

見た瞬間すごく懐かしいいいいいいいいいってなって、だけど今までにはなかったあれでもあって…!
2013年ゆまクリエと2016年たきつばコンの髪型を足して2で割った感じと私は思った!(笑)
愛しのモンチッチー💕てワードをまたひろきにいう日がくるなんて思ってなかった…けど、もう髪の毛短くするのを阻止してくれる子はいないんだったな、と…。

  • わざわざ右寄せ・小文字にしてまで載せた追伸がかわいすぎ

その行為も内容も💢💢💢かわいすぎて💢💢💢
自分が激重婆なことは百も承知の上(2回目)だから許して欲しいですが(誰に何を)、”自らの意思で”と”殆ど坊主”ていう言葉に、PERFECTなあいつらを思い出してしまいました。きょもきょも、しょーさん!


表はもちろんのこと、裏のソロカットがすごく好き。
よく知った造形の、すごくすごく好き(だった)なその人そのままの顔だと嬉しく思う反面、はじめて出会う、何もかも未知の人だ、ていう感覚にも襲われてしまって、すごく不思議で、このソロカットいくら眺めてても飽きないー。
うまく言えないけど、姿形は懐かしくいとおしく恋しく思うのに、未知過ぎてすごくどきどきする!
きっとこれで、自分がチケットを手にすることができて、観に行けるんだ、て確定したら、わくわくが加わるんだろうな、と思うけど、いまはまだ(いろんな意味で)どきどきがすごいや。
見知った、懐かしい、なんて言葉を使ってしまったけど、このソロカットの表情はなんかちょっとちがーう。しらなーい。
2015年秋以降、目の印象が変わったな、て思ってて、2016年また少し変わったな、て思ってて、2017年仲田拡輝として見た時と比べて、なんかまた目の印象が変わったな、て個人的に感じております。
なんか、~2012年夏頃までくらいの目、が持ってた雰囲気とか、温度、色に近い気がするな?などと。
役どころとか知らないし、ソロカットをどういう見せ方をしたくて、もしくは何かしらの演出の意図があって、撮影したのかどうかとかわからないけど~…すごく、素敵だな!
なんちゅーか、清々しくさっぱりして、(悪い意味では全くなく→)いままで背負ってたいろんなものがとれて、前にもましてシンプルに自分と向き合おうとしてる人、という印象を受けました!あくまで印象、目の!(笑)
衣装が白シャツだったり写真の雰囲気のせいもあるんだろうな、多大に!!(笑)





”~と写っているヒロキ(略)を見て改めて気合いが入りました”
なかだひろきくんが、百名ヒロキを客観視している…と、なんかすごく胸が苦しかった。

舞台の上に立つことを、頑張る場所じゃない、”頑張れる”場所、と捉えているその感性がたまらないなあ、と思ったし、そういうスタンスが今まで見せてくれたあのパフォーマンスを生んでいたんだなあ、と、少し皮肉な気もするけど、今こういう形になって知れたこと、わかったこと(こちらが想像する限りでなくて、本人の言葉で)があるなあ…。
触れさせてくれてありがとう、とだけ言っておきたい。


”私の好きな場所です”
この言葉がたまらなく嬉しい。
10代の頃、
”踊ってる時が一番楽しくて幸せ”
”ステージの上が一番元気を貰える大好きな場所”
て言ってた拡輝。
口先だけじゃなくて、ほんとにそう感じさせるパフォーマンスがすごく好きだった。
私にとっては、拡輝が立つ(立ってきた)ステージが、世界で一番大事で大好きで元気を貰える場所だな~と改めて。つくづく思い知らされる。
誰かの、その人の”パフォーマンス”に心動かされるって、やっぱり後にも先にも私は拡輝にしか経験したことなくて、あの感覚ほんと不思議。すごく幸せ。贅沢言えば、また味わいたい。

そんなことを思いながら、ブルーシールきめてきた!✨
今度はチケットを手にした喜びをかみしめながら食べたいな(笑)
f:id:N5e5Y:20170507201025j:plain